中学体育の総まとめ問題(定期テスト対策向け)

定期テスト対策に使える中学体育の総まとめ問題

中学保健体育の体育分野で定期テストに出そうな内容を一問一答形式の問題にしました。
重要語句が確認できるようになっているので、試験前にチェックしてみてください。

 

中学体育の総まとめ問題

No問題解答ポイント
1鉄棒の握り方には順手、逆手、( )があります片逆手踏み越し下り、支持飛び越し下りなどの技で使う
2( )系の技は跳び箱の前方に手をつきます切り返し(系)回転系の技は手前に手をつく
3短距離走のスタートを( )スタートというクラウチング(スタート)長距離走はスタンディングスタート
4リレーでバトンパスを行うエリアを( )というテークオーバーゾーンテークオーバーゾーンは20m
5ハードル走ではハードル間のことを( )というインターバルインターバルは3歩で走るのが一般的
6走り幅跳びで空中で足を交差させる跳び方ははさみ跳び胸をそらすように跳ぶのは「そり跳び」
7走り高跳びで仰向けの状態でバーを越えるのを( )跳びという背面(跳び)背面飛びでは踏切と同時に体をひねる
8水泳の個人メドレーで2番目に泳ぐ種目は背泳ぎ個人メドレーは、バタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→自由型の順
9水泳のメドレーリレーで2番目に泳ぐ種目は平泳ぎメドレーリレーは、背泳ぎ→平泳ぎ→バタフライ→自由型の順
10バスケットボールで胸の前から両手で押し出すようにするパスはチェストパスほかにバウンズパス、オーバーヘッドパス
11バスケットボールで軸足を固定して体の向きを変えるターンはピボットターンピボットターンは反則にならない
12ハンドボールでのコートプレイヤーの人数は6人6人のコートプレーヤー+1人のゴールキーパー
13サッカーでシュートなどにつかう足の甲にボールをあてるキックはインステップキックインサイドキックはパスなどに使う足の内側にボールをあてるキック
14サッカーで手などを使って相手を押さえつける反則はホールディング直接フリーキックが相手チームに与えられる
15バレーボールで守備専用のプレーヤーを( )というリベロリベロは他のプレーヤーと違うユニフォームでプレーする
16卓球のラケットの持ち方にはシェークハンドと( )があるペンホルダーシェークハンドはラケットの両面を使う
17卓球のサービスでは( )cm以上トスを上げなければならない16(cm)卓球台より高い位置から上げ、落ちてきてから打つ
18ソフトボールで腕を1回転させスナップを利かせる投法はウインドミドルモーションもうひとつの投法はスリングショットモーション
19柔道の判定基準には一本、技あり、( )がある有効抑え込みの場合は10秒以上15秒未満が有効
20オクラホマミキサーは( )ポジションで踊るバルソビアナ(ポジション)フォークダンスには他にオープンポジション、プロムナードポジションなどがある

 

中学体育の総まとめ問題

上記の問題からランダムに5問出題します。

問題答え
中学体育問題1答え1
中学体育問題2答え2
中学体育問題3答え3
中学体育問題4答え4
中学体育問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

PR