中学技術の一問一答(生物育成、栽培)

中学技術の一問一答(生物育成、栽培)

中学技術での生物育成分野「生物を育てる技術」に関する一問一答です。

 

中学技術(生物育成)の一問一答

No問題解答ポイント
1牛を( )改良することで乳牛や肉牛が誕生した品種乳牛ではホルスタイン種、肉牛では黒毛和種が有名
2作物の成長には降水量や温度など( )要因が影響する気象気象要因は他に日射量、湿度、日長(昼間の長さ)など
3作物の成長には雑草や微生物など( )要因が影響する生物生物要因は他に昆虫、鳥など
4作物の成長には土壌の通気性やじゃ排水性など( )要因が影響する土壌土壌要因は他に保水性、保肥性(肥料を保持する力)など
5屋外の畑で育てる栽培方法を( )栽培という露地ビニールハウスで育てる方法は施設栽培
6土を使わずに肥料を水に溶かした液で栽培する方法を( )栽培という培養液プランターで育てる方法は容器栽培
7土の粒が集まり小さな固まりになっている状態を( )構造という団粒団粒構造の土は通気性が良く、保水性がある
8砂のように土の粒がバラバラに存在している状態を( )構造という単粒単粒構造の土は作物に適していない
9作物には中性から( )性の土地が適している弱酸pH7が中性で、pH7未満が酸性、pH7より大きいとアルカリ性
10肥料の三要素は( )( )( )窒素、リン、カリウム記号は、窒素=N、リン=P、カリウム=K
11動物や植物由来の肥料を( )肥料という有機質肥料たい肥、けいふんなどが有機質肥料
12作物を植えるために畑の土を盛り上げた部分を( )といううねうねをつくることを「うねたて」と呼ぶ
13同じ土地に違った作物を順番に栽培していくことを( )という輪作(りんさく)同じ作物をつくることによる連作障害を避けるために輪作を行う
14葉っぱに白いポツポツができ粉をふいたようになる症状を( )病というウドンコウドンコ病になると光合成が行えず生育が衰えます
15電灯などで光をあてる時間を調整する栽培方法を( )栽培という電照日照時間に応じて開花する植物の性質を利用したもの
16日照時間が長くなると花芽をつくる植物は( )直物とよばれる長日反対に日照時間が短くなると花芽をつくるのは短日植物
17日照時間の長さと関係なく花芽をつくる植物は( )植物とよばれる中性トマト、キュウリ、トウモロコシなどが中性植物
18海や河川などの施設で水産生物を育てることを( )という養殖海苔や牡蠣(かき)はほとんどが養殖でつくられている
19植物が光エネルギーを利用して栄養分をつくることを( )という光合成光合成では二酸化炭素を吸収し、酸素を排出します
20密集している苗から小数を残して残りを抜く作業を( )という間引き間引きをしないと根が密集したり、日当たりが悪くなり生育に悪影響を及ぼします

 

中学技術の一問一答チェック(生物育成)

上記の問題からランダムに5問出題します。

問題答え
中学技術問題1答え1
中学技術問題2答え2
中学技術問題3答え3
中学技術問題4答え4
中学技術問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

PR